更年期障害の症状といった困ったことも完全解決|メディカルナビ

医者

大切な睡眠

女性

最近では、仕事のストレスから無呼吸症候群になる人が増えています。無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まることです。呼吸が止まっていることが自分自身では分からないという恐ろしい病気です。呼吸が止まる時間が10秒以上あればとても危険であるといえます。多い人でもこのような長い呼吸の停止が30回以上続いてしまうケースもあるのです。自分ではなかなか気付くことができないので、多くの潜在患者がいると言われています。この病気の最も怖い所は、気付かないうちに日常生活が崩れていく可能性が高いことです。さまざまなリスクが生じることがあるため、睡眠や生活習慣を大切にしていきましょう。この頃寝苦しいと感じたらすぐに病院に行くことが大切です。

無呼吸症候群になりやすい人は生活習慣が乱れている人が多いです。タバコをやめられない人や毎日寝る前にお酒を飲む人や太り気味の人などがあげられます。特に男性がなりやすい病気で、その理由としては女性より男性の方は首に脂肪がつきやすい体をしていて無呼吸症候群になりやすいと言われています。しかし、無呼吸症候群は痩せている男性や女性にもなりやすいので油断は禁物です。

無呼吸症候群を改善するためには、病院に行って検査や治療をすることが大切になっています。無呼吸症候群の特徴は寝ているときのいびきが出たり止まったりすることが始まりです。病院の検査としては、いびきするときに鼻づまりをしていないかしているかが問題視していきます。もしも、鼻づまりをしていない場合は無呼吸症候群の可能性が高いです。こんな重大な病気にならないために、自分の生活習慣を振り返りましょう。